引越し料金は比較しないと損!引越し費用を安くあげるには?

引越し
スポンサーリンク

住み替えを考えたとき、ぼちぼち始めないといけないのが「引越しの準備」ですね。 大変ですが、素敵な新居に移り住むためには頑張らないと、ですね^^

引越しの費用は安ければ安いほうがいい?

さて、家づくりやインテリアに関しては、材質や技術は今後の耐久性や住み心地を左右する非常に重要なポイントですので できるだけ良質なものを選ぶことが必要です。 安かろう悪かろうというものでは困ってしまいますから。

家づくりにおいては、 イニシャルコスト(初期費用)が高ければ、ランニングコスト(維持費用)が低く抑えられるということが多くあります。

例えば、屋根で言えば瓦は最初は高くつきますが耐久性が高いためメンテナンスはしょっちゅうする必要がなく、外壁に関してもタイルなど費用が高いものは耐候性が高いためメンテナンスの費用はあまりかかりません。

建材には費用=質というところが大いにあります。 しかし、住み替えで必要なものの中で、「引越し」に関しては、高い費用を払えば良い引越ができるとは限りません。

引越は、いわば「荷物を移動させるだけ」なので、今後の住み心地に影響するような材料がないためです。 gyousya 安全に、滞りなく荷物を移動してもらえれば、それで問題ありません。 極端なことを言えば、引越しは同じ条件なら安ければ安いほど良いという、数少ないもののひとつと言えるでしょう。

住み替えで節約を考えるとしたら、こういうところで節約するのが賢い方法です。

引越し会社の選び方

引越の費用というものは非常に幅があって、同じ荷物を運ぶという内容でも、会社によって費用が2倍になったりするものです。

大手の住宅メーカーに住宅建築を依頼するような場合ですと、子会社で引越し屋さんまであったりして、なんとなくそこに申し込んでしまいがちです。  

ですが、引越しは住宅の建築とは別物と考えて、別途、見積依頼したほうが安く上がることが多いです。 建築主は何かと忙しいため、なんとなく引越し費用を支払ってしまいがちなのですが、実はこういうところに節約ポイントがあるわけですね。

忙しい建築主の方におすすめなのが、引越しの見積比較サイトです。

引越しのためだけに何社にも問合わせて、条件や引越し予定日を伝え、見積を比較して…と、そんな時間はないと思いますので 一度申し込めば何社もの見積が一気にできる比較サイトが役に立ちます。

ここで相見積もりを取ることで、10万円以上得したという建築主さんがたくさんいらっしゃいます。

10万円というと、今後の生活のための素敵な家具が購入できるくらいの金額ですね。 また、これらのサイトを利用するメリットは他にもあり、様々なキャンペーンを行っているということです。 例えば、荷造り用品がサービス(ダンボールが50箱無料など)といった特典が受けられることが多いのです。

hako

 

郵便番号と引越し先、単身か家族か、などの簡単な内容を入力するだけですので、1分ほどで終わります。

もちろん、見積をもらったからといって契約する必要もないので、安心です。 1分の手間で10万円節約になるとしたら悪くありませんね。

スポンサーリンク