住まいやすさを見極める

さて、ここからは、実際に生活する上での

利便性について考えてみたいと思います。
 
小さいお子さんがいれば、
これから、幼稚園、小学校、高校と進学していくわけですから、
どこの小学校区になるのか?
中学校まではどのくらいかかるのか?
 
近くに病院はあるのか。
公園等はあるか。
 
近所に住んでいる人はどんな人?
近所に同じくらいの子どもさんはいる?
安全な場所か。
 
電車通学になったら?
駅までどれくらい?
 
などなど、調べることは山ほどありますね。
 
学校区などは、
区役所や市役所に問い合わせれば、教えてもらえます。
学校区の境目のような土地の場合の扱いなど
自治体によって違いますので、
事前に調べておかれた方が良いと思います。
 
 
また気になる土地があれば、実際に足を運んでみることが大切です。
 
日当たり、雰囲気、周囲の家並み、人通り、音の問題はどうか、
安心して住めそうかどうか?など、おおよその雰囲気は分かります。
 
干してある洗濯物でも、小さな子どもさんが住んでいるとか、
いろいろな情報を得られます。
ただし、あまりウロウロ、キョロキョロすると、怪しい人になってしまうので(笑)
さりげなく、雰囲気をつかむようにしましょう。
 
あと、重要なのが、日が暮れて夜になってからの、その土地の雰囲気を知ることです。
 
昼と夜の雰囲気が全く違う町というのもありますので
ぜひ暗くなってからも足を運んでみましょう。
 

スポンサーリンク

関連記事

PAGE TOP