家相について

「家相」というのは、家づくりにおいて悩ましい問題ですね。

もちろん、「全く気にならない!」という方には関係ないのですが、
ご自身がちょっとでも気になる、また周りに“家相にこだわる方がいる”という場合は
間取りに大きく影響してくることがあるものです。
 
 
家相で、よく挙げられる内容といえば・・・
 
・鬼門にある玄関や水回りは大凶。
 
・敷地の条件が悪いために中庭を設けたいと思っても、
 家相の見地から言えば中庭は凶。
 
・1階をビルトインガレージにしたいと思っても、
 家相の考え方では、地下や1階を駐車場にするのは大凶。
 
などと書かれていて、家相を守らないと、とんでもなく悪いことが起こりそうな気がしてしまう方もいらっしゃることでしょう。
 
また、自分は家相を全く気にしていないのに、親族が非常に家相を重要視するような場合は、注意が必要です。
家相を無視したプランに対して、意見してこられる場合もあります。
 
実際、家相が原因で、間取りが根本から覆されてしまうようなこともあるのです。
 
 
家相のいわれの多くには、「なぜそうなのか?」という科学的な理由が明記されていないので、迷信的や占いと同列のものとして受け止められ、「信じる派、信じない派」に分かれてしまいがちです。
 
しかし、その教えに込められた意味というものを理解することによって、
なぜ、そのような考え方になったのか分かることもありますし、
対処法も見えてくるのです。
 
例えば、鬼門(東北方向)に玄関を設けるのがなぜ悪いのか?というと、
東北方向というと、冷たい北風が吹く方向であり、
その冷たい風が、出入り口である玄関からしょっちゅう入って来てしまうようだと、部屋の温熱環境が不安定になりやすいからではないかと思います。
 
また中庭に関してですが、中庭というのは、周囲を壁で囲まれているために空気の流れが滞りやすく、
また排水もうまく取りにくいため、湿気がたまってカビが生えたり、建物が傷みやすくなってしまうことから凶とされたのでしょう。
 
ビルトインガレージが家相的に良くない、というのは
自動車というのは、ガソリンを積んだ危険物ですので、万が一の爆発などもあり得ますし、排気が建物の中に滞ると健康上良くない。
 
また1階を駐車場にすることで耐震壁を取りにくく
構造的にも不安定になりやすい、というところから大凶となっているのでしょう。
 
また、家の中心が廊下や吹抜けだと凶だというのは、
家の中心に大黒柱を据えて、家を支えていた頃の、
建物のバランス(耐震の問題)を気にした教えでしょう。
 
(※現在は、外壁を中心に耐震壁を設けますので、この考え方は時代にそぐわないものとなりつつありますが。)
 
このように考えてみれば、家相は建築的な見方をしても一理ある、と思うことも多いのです。
 
現在の技術で補える部分もたくさんあり、やみくもに恐れるべきものでもありません。
 
ただ、技術的に補えるとは言うものの、
やはり家相が気になるという場合、また身近な親族の中で家相にこだわる方がいらっしゃる場合は、
始めからある程度、吉といわれる家相にしておいた方が良いでしょう。
 
私の友人でも、二世帯住宅を建てる際、
お姑さんが家相を気にする人だと分かっていたため、普段お姑さんが信仰されているお寺に出向き、先に家相の相談をしてきたそうです。
 
この準備の良さには感心してしまいましたが(笑)、
おかげで、手戻りなくスムーズに打ち合わせが進んだと言っていました。
 
これは大切なことだと思います。
 
 
家相で100点を取るのは、昨今の敷地条件では無理でしょうし、
また家相を最重要視すると、使い勝手に無理が生じてきます
 
ですので、最低限のライン(例えば、鬼門・裏鬼門には玄関を設けない、など)を決めておき、
 
神社やお寺など、家相について相談したいところが決まっていれば
ラフプランの間に、きちんと相談を済ませる。
 
親族の中に、家相が気になる方がみえれば、きちんと家相に配慮した旨を伝えて説明しておく
 
など、早め早めの対応が必要です。
 
そうすれば、プランニングの最終段階で
「家相のために、間取りをはじめから作り直す」というようなことにはなりません。
 
設計を煮詰めてから、「家相が悪いから、振り出しに戻る」というのは、時間的にもロスが出ますし、精神的にもとてもキツイものです。
 
手戻りが生じないように配慮しておきましょう。
 

ブログランキング参加中です。
↓↓↓ よろしかったらクリックお願いいたします★
 
スポンサーリンク
PAGE TOP